注目の勉強法! 
インド式算数の九九
スポンサードリンク

計算のトリックとは?

 あなたは、上の問題を制限時間内で解くことができますか?
 多くの人が時間内に解くことはできなかったことでしょう。ところが、計算にある工夫をすることによって、このような掛け算も瞬間的にしかも暗算で解くことができるようになるのです。その計算方法の工夫こそが「計算のトリック」なのです。
 当サイトでは、“インド式計算インド式算数)”で良く知られるようになった、2桁および3桁の数字の掛け算について、「計算のトリック」動画を紹介するとともに、図解によって、そのスピード計算のトリックを分かりやすく説明しています。 


計算の工夫の例

 簡単な計算の工夫には、例えば次のようなものがあります。
     77+56  =(77+3)+(56−3)  =80+53  =133
     28×25  =(28÷4)×(25×4)  =7×100  =700
     98×5   =98×(10÷2)  =980÷2  =490
     97×5   =(100−3)×5  =500-15  =485
 このように、できるだけ簡単な計算になるように工夫することで、より複雑な計算も九九だけで暗算できるようになるわけです。


算数に関するニュース

Yahoo! JAPAN
 カテゴリ登録サイト

更新情報

トップページを更新
 (2009.8.28)
数学・算数リンク集を更新
 (2009.4.12)
お役立ちリンク集を更新
 (2008.10.9)

お知らせ

お問合せ等の際、メールアドレスをお間違えのないようにお願いします。
送信エラーによりご連絡が取れない方がいらっしゃいます。

[リンク]
お金を借りるnavi (今すぐお金を借りたいあなたをナビゲート)

Copyright (C) 2007-2009 計算のトリック〜インド式計算・算数〜 All Rights Reserved.